Home > 開業手続き

開業手続き

医師開業の流れは一つ一つしっかりやっていけば、それほど難しいものではありません。厄介なものとしては開業手続きです。様々な届出が必要になるからです。

開業手続きとして税務署に届出をすることになります。個人事業開業届出書は開業してから2ヵ月以内に提出することになっていますが、いざ、開業してからとなると日常業務に追われて忘れがちです。事前に用意しておくことが大事です。

それから、青色申告承認申請書や給与支払い事務所開設届出書など、たくさんの書類を税務署に提出することになっています。ものによって提出期限が違っているので、そんな点が厄介かもしれません。しかも、開業してからの提出となります。

他には各労働基準局への届出もあります。これは労災保険指定診療所申請書というものです。このように、開業してからも様々な届出を提出しなくてはいけないため、業務に追われて忘れないようにすることが重要と言えます。いつまでに何をやるのか、チェックしておくことです。