Home > 資金計画

資金計画

医師が開業するまでの流れとして覚えておきたいことは、たくさんあります。まず、大事なことは資金計画をしっかり立てることです。どのくらいの資金が必要になるのか把握しておかないと、思うように開業することができないからです。

いくら必要になるのか、どんなことにお金がかかるのかという点を考えてみます。開業までに必要な資金の総額を算出することで、今度はその資金をどこから借りるかという問題点が浮上してきます。資金調達計画もあわせて立てていかなくてはなりません。

開業にかかる総額が分かったとしても、いざ、開業してから得られるお金もあります。それは診療によって得られるお金です。これもある程度は見込んでおくといいかもしれません。

もちろん、収入と支出が同じでは利益になりません。手元に資金をある程度は残しておく必要があります。そんな計算もしておくことで、余裕を持った開業ができるようになるはずです。資金計画をしっかり立てることができれば、開業も思うようにいくことになります。