Home

医師の開業とは

医師が転職を考える時の選択肢として開業医となることが挙げられます。転職をするのなら思い切って開業してしまった方がいいのではないかと考えることは、とても自然なことです。それに、開業は医師にとっての最終目標的なものでもあります。一般のサラリーマンが起業するような感覚です。

ただし、そう簡単なものではありません。まず、開業資金が必要になります。銀行などから融資を受けることで資金は集まるものの、信頼がないと借りることはできません。それにこれまでの実績や人脈なども必要となってきます。

どこに開業するかという土地探しも重要です。そして、たった一人では患者さんを診ることはできないため、スタッフの募集も必要となってきます。これまで一緒に働いてきた身近な看護師などを引き抜くという方法もありますが、これはかなりの信頼がないとついてきてくれません。

そして何よりも経営学を身につけることも大事です。会社経営と同じだからです。

女性医師の転職について

結婚や出産で一度は医師の仕事を辞めた女性が再度働くために転職サイトを利用することは多いそうです。転職サイトには子供がいる人の為に自宅から近い場所に限定した病院を探してくれたり、勤務時間が短く、当直がなく、有給休暇が好きな曜日にとれる職場環境の病院をピックアップして選びながら探すことも可能です。

また子供を保育園に送り届けたあとすぐに職場に向かうことができるような駐車場が完備された車通勤可能な職場も増え、転職する女性に高い人気があります。

また転職する際に同じ医師の仕事をしながら子育てをする女性と意見交換ができる転職サイトやコミュニティサイトも増えているので情報交換で自分にあった転職先を効率よく探すこともできます。

医師不足が深刻になっている産婦人科でもこのような転職サイトを利用し、仕事復帰した女性が多く活躍しており、子育てと仕事の両立をうまく行っている人もいます。また勉強しながら働きたいと思っている女性は少ない勤務時間の病院に転職し、さらなるスキル
アップをする目指すことも可能になっています。